令和4年(2022年)概算要求


8月末日に発表された概算要求を見ていると、環境省のエネルギー特別会計は2022年2,173億円と2021年と比較して135%UP(2021年当初予算額:1,606億円)、経産省のエネルギー特別会計は2022年8,242億円と2021年と比較して110%UP(2021年当初予算額:7,454億円)と大幅増となっています。脱炭素経営を目指す中小企業様で、太陽光発電や省エネ機器の導入の際には、2022年の補助金活用をオススメします。